南御堂オンライン

真宗大谷派・難波別院(南御堂)が発行する月刊宗教紙『南御堂新聞』のオンライン版です。

「願いをかけられた身」リーフレットデータ公開

南御堂リーフレット第1弾「不安から開かれる道」、おかげさまで1万部以上のお求めをいただきました。ありがとうございました。

コロナ禍において「人を集められない」中、オンラインや掲示伝道も大切ですが、こういった「お手渡し」伝道は最も本来的な手段と考え、このたび、シリーズ化することにいたしました。前回同様、身近な方と仏法談議のきっかけにしてくだされば幸いです。

第2弾は「願いをかけられた身」です。印刷可能なデータを公開いたします。有縁の方にぜひお配りください。なお有料(10部100円/税別・送料別)で高品質な印刷版も販売しております。お求め・お問い合わせは、難波別院管理部(06-6251-5820)まで。

「南御堂難波別院・月度各種講座中止のお知らせ」

 現在、感染者数が再び増加し、第2波ともいうべき状況が続いています。大阪においても、感染者が100人を超える日が続くなど、緊迫した状況にあります。難波別院では、現在の状況などを鑑み、感染防止の観点から、引き続き不特定多数の方が集まる行事(法要を除く)に関して、当面中止とさせていただきます。

皆様には、ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

なお、毎年8月27・28日に予定していた「南御堂盆おどり」につきましても今年は中止とさせていただきます。

(2020/8/5

難波別院法話配信の更新ご案内です。第3弾は「濁世を生きる立脚地」と題して、大谷大学准教授・藤原正寿(ふじはら・まさとし)先生の動画です。

先生は仏法を聴聞するものの態度について[「アクセサリーのようにきいてはおらないか」と厳しくご指摘くださるとともに、私たちが仏法を聴聞する姿勢についてくりかえし丁寧にお教えくださっています。

当日資料や南御堂新聞に掲載された抄録もダウンロードいただけます。詳しくは→【法話配信ページ】にて。(2020/5/4)

「南御堂難波別院・月度各種講座中止のお知らせ」

 国による緊急事態宣言が解除されましたが、コロナウイルス感染症がなくなったわけではなく、気のゆるみを危惧する状況にあります。引き続き、感染予防の観点から、各種講座の中止に至りましたことをお知らせ申し上げます。なお、中止となる講座は下記のとおりです。

  • 定例法話 7月7,14,21日

  • 暁天講座 7月10日

  • 教行信証講座 7月16日

  • 祥月読経法話 7月28日

  • その他日程未定の講座(真宗講座、日曜講座等)

 8月以降の講座につきまして徐々に再開の計画を立案中です。ご不便をおかけいたしますが、決定次第この場にてご案内差し上げますので、なにとぞよろしくお願い申し上げます。(2020/7/1)

「南御堂難波別院・月度各種講座中止のお知らせ」

 国による緊急事態宣言が解除されましたが、コロナウイルス感染症がなくなったわけではなく、気のゆるみを危惧する状況にあります。引き続き、感染予防の観点から、各種講座の中止に至りましたことをお知らせ申し上げます。なお、中止となる講座は下記のとおりです。

  • 定例法話 6月2,9,16,23,30日

  • 日曜講座 6月7日

  • 暁天講座 6月10日

  • 祥月読経法話 6月28日

  • その他日程未定の講座(真宗講座等)

 7月以降の講座につきましては、実施は決定次第この場にてお知らせいたします。ご不便をおかけいたしますが、なにとぞよろしくお願い申し上げます。(2020/56/1)

南御堂新聞・第697号(2020年08月号)を発刊いたしました。(2020/8/1)

①「現代と親鸞」酒井義一・東京教区存明寺住職「コロナという時代を親鸞と生きる(下)」・人間のすがたを”雑毒の善”と見つめた親驚の言葉に・連綿と伝わる救いの歴史 など

②真宗大谷派~大谷暢裕氏が新門首に~就任後最初のお給仕行う/コラム「お寺は外からこう見える」(22) ・堀内克彦氏 など

③真宗本廟(東本願寺)~安心して参拝できる対応を~「東本願寺出版」の業務は正常化//コラム 「正信偈」に学ぶ(28)「釈迦如来楞伽山 為衆告命南天竺 龍樹大士出於世 悉能摧破有無見 宣説大乗無上法 証歓喜地生安楽」廣瀬惺氏 など

④⑤連載まんが「そのへんに 仏教用語⑩・不思議」絵:川井 学氏 など

⑥大阪教区通信 

⑦教化センター通信/小特集 「大阪に投下された模擬原爆」〜“非戦平和”を伝える追悼式と小中学生にオンライン学習会 など

⑧もしもし相談「お墓参りに行けなくなり不安で…」 など

「南御堂難波別院・5月度各種講座中止のお知らせ」

国によるコロナウイルス感染症・緊急事態宣言が延長されました。『南御堂』新聞は一度目の緊急事態宣言を受けてすでに5月号の休刊を決定いたしました。今般、このような状況になりましたことから、やむを得ず各種講座の中止に至りましたことをお知らせ申し上げます。なお、中止となる講座は下記のとおりです。

  • 暁天講座 5月8日

  • 定例法話 5月12,19,26日

  • 日曜講座 5月10日

  • 教行信証講座 5月26日

  • 祥月読経法話 5月28日

  • その他日程未定の講座(真宗講座等)

 6月以降の講座につきましては、実施は決定次第この場にてお知らせいたします。ご不便をおかけいたしますが、なにとぞよろしくお願い申し上げます。(2020/5/1)

動画TOPIXを更新しました。

ゴールデンウィークとは思えない境内の静まりかえり・そして皮肉なまでの上天気に、スタッフとしては「逆にこれはチャンス」とばかりに、静かな境内を撮影いたしました。

雰囲気をお楽しみください。(2020/5/5公開)

難波別院法話配信の更新ご案内です。第2弾は「一切の有情はみなもって世々生々の父母兄弟なり」と題して、大谷大学教授・井上尚実(いのうえ・たかみ)先生の動画となります。

釈尊と親鸞聖人は「慈悲」というキーワードでつながっています。私たちにも慈悲はあるのですが徹底できないことばかり。そういう苦悩をどう受け止めればよいかということをやさしくお話しくださっています。

当日資料や南御堂新聞に掲載された抄録もダウンロードいただけます。詳しくは→【法話配信ページ】にて。(2020/5/4)

法話配信に目次がつきました

「法話配信」ページで公開しておりますYouTube動画に「目次」がつきました。目次の「時間」をクリックいただくと、再生ポイントをジャンプできますので、お忙しい方でも目次を見ながら断片的にご覧になったり、繰り返し視聴し直したいところを閲覧いただけます。

方法はYouTubeサイトにある動画説明の「もっと見る」をクリック(タブレットやスマホならタイトルの横の▼ボタンをタップ)いただくと、説明が大きく表示され、目次機能が利用できるようになります(←GIF画像を参照)。どうぞご利用ください。(2020/5/1)

動画TOPIXを更新しました。

当サイト開設とコロナウイルス対応で遅くなりましたが、おしゃかさまの誕生をお祝いする「花御堂」設置の報告です。

今年は緊急事態宣言もあって花まつり子ども大会は中止・花御堂も早めの撤去となってしまいましたが、作品展は例年どおり実施いたしました。

しかしその作品展すら「外出自粛でなかなか来られない」などのお声もあり、動画でその雰囲気をお届けいたします。(2020/4/29)

「不安から開かれる道」リーフレットデータ公開

この度のコロナウイルス感染症拡大によって世の中に「不安」が蔓延しています。

テレビや新聞、SNSでもこの不安について語られますが、どれも解決に至らないのが現状です。そこへ仏教として不安について何を伝えられるだろうかと、南御堂編集部では急遽リーフレットを作成し、大阪教区内に配布いたしました(2020/4/22)。

より多くの方に手軽にご利用いただければと思い、ここにPDFデータを公開します。

法話配信しております

コロナウイルス感染症の拡大により、聞法の機会が多く失われていると言われます。法話を聴聞することは真宗門徒にとって最も大切なこと。

そこで当サイトでは難波別院で行われた法話の配信を行います。第1回はケネス田中先生(武蔵野大学名誉教授)による「嫌な人や嫌な状況にどう対応すればよいか」です。

時折ユーモアを交えつつ、英語的発想力でズバリと本質をお話くださいます。ぜひ御聴聞ください。なお、当日資料もリンク先でダウンロードいただけます。